Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『街道をゆく〈36〉本所深川散歩・神田界隈 (朝日文芸…』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)街道をゆく〈36〉本所深川散歩・神田界隈 (朝日文芸文庫)』の読書ノート作成者:tym さん

1,659 Views
作成
p.18-19.
 本所深川は、本来、下総国であり、武蔵国である江戸とは隅田川をへだてて、別地域になっていた。
 本所深川が大江戸の市域に入るのは、寛文元年(一六六一)両国橋が架けられてからだという。
 その後、つぎつぎに橋が架けられ、本所深川は江戸と一つ地域になった。
<中略>
p.62.
 さきに本所は下総国だったといったが、橋が武蔵(江戸)と下総の両国をつないでいるところから、しゃれて両国橋と通称されるようになり、やがてそれが正称になった。
(司馬遼太郎「本所深川散歩・神田界隈街道をゆく36」より)
さん
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2021 Culturelife Inc. All Rights Reserved.