Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『社会・政治』関連の引用(抜き書き)読書ノートリスト

引用(抜き書き)『社会・政治』関連の読書ノートリスト

  • 全 73 件中 1 〜 10 件の引用ノートを表示
  • 並び替え: 新着順 / 人気順
  • 郊外の社会学―現代を生きる形 (ちくま新書)
    団地、ニュータウン、新興住宅地。戦後日本の「郊外」と呼ばれる社会は、高度経済成長と相関し、都市に付属する空間として作り出された場所である。そこでは住居やライフスタイルまでが商品として購入され、住み続けることのなかにブランド志向が伴われてきた。こうした「郊外」は現代人の宿命でありながらも、その重層性と移ろいやすさゆえに、そこに生きる人びとの欲望や社会構造は、これまで十分に描き出されてこなかった。この本では、郊外生活者としての自身の経験と都市社会学の知見を結びながら、郊外という場所を生み出したメカニズムを考察する。郊外を生きる人びとの生に言葉を与える試み。(続きを読む
    1,510 Views
    klabさん
    klab さん(2015/07/14 作成)
  • ニュータウン再生―住環境マネジメントの課題と展望
    ニュータウンは、高齢化や老朽化、開発主体の撤退に伴って、様々な問題を抱えている。そのため住民や地元自治体による住環境管理の確立が焦眉の課題である。そこで日本最初のニュータウン千里の開発当初から現在まで、開発主体、自治体、住民、市民の住環境保全の動きを詳細に追い、そこから今後の協働のあり方を提案したい。(続きを読む
    1,244 Views
    klabさん
    klab さん(2015/07/14 作成)
  • 団地の空間政治学 (NHKブックス No.1195)
    知られざるもうひとつの戦後思想史 高度成長期に燦然と輝いていた団地文化とは何だったのか? 大阪・香里団地から多摩ニュータウンまで東西の団地を俎上にのせ、歴史的成り立ちや住民意識、さらに沿線の鉄道の影響などを仔細に検討し、躍動する団地自治の実態とその政治性を明らかにする。フィールドワークを重ね資史料を渉猟した著者が、団地の栄光と挫折の歴史を描く渾身の一書。(続きを読む
    1,418 Views
    klabさん
    klab さん(2015/07/14 作成)
  • フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質
    *生活のさまざま面で質の良さにこだわり、素敵な暮らしを心がける。 *食べ物や衣服や時間の過ごし方にこだわる。 *質が良くておいしい物に詳しくなる。 *下調べをして買い物をする。顧客のレビューを参考にし、企業や商品についてもよく調べてから買う。 *いつも毅然として、ユーモアのセンスを忘れずに人生に向き合い、どんな経験も意義深いものにする。 *家族や友だちと一緒に過ごすときは、かけがえのない時間を過ごす。(続きを読む
    1,350 Views
    yo-koさん
    yo-ko さん(2015/07/13 作成)
  • フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質
    *日常のありふれたことに喜びを見出せば、毎日がハッピーで楽しいことがいっぱいになる。 *面倒な家事や雑用は、自分なりに楽しみながら片付ける工夫をしてみる。 *人生を前向きにとらえることが大切。ユーモアのセンスも忘れずに。 *そのときやっていることを最大限に楽しむには、五感をフルに生かすこと。 *あせらず落ち着いて、1日じゅうあわただしく過ごさないようにする。本気でそう心がけていれば、そのときやっていることに集中して取り組めるようになる。(続きを読む
    1,349 Views
    yo-koさん
    yo-ko さん(2015/07/13 作成)
  • フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質
    *知的な刺激のない生活を送らないように。毎日、頭を鍛えること。 *できるだけ本を読むか、オーディオブックを聴く。 *インディペンデント系の外国映画を探して観れば、とても新鮮。 *新聞を購読して特集記事やレビューを読む。 *自分のいちばん興味ある分野のアートに親しむ。 *できるだけたくさん旅行する。あまりなじみのない場所を訪れて、異文化について学ぶ。 *何歳になっても、新しいことを学んでみる。思い切って興味のある講座に、参加してみれば、人生が変わるかも。 (続きを読む
    1,251 Views
    yo-koさん
    yo-ko さん(2015/07/13 作成)
  • フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質
    *いちばん良い物を「もったいないから」と取っておくのはやめる。毎日いちばん良い物を使う。 *家を掃除してきれいに片付け、良い物だけ取っておくようにする。 *何かを買うときは、予算内でいちばん良い物を買う。収入以上の出費をしないように、いつも予算を頭に置いておく。 *いつも良いマナーを心がける。とくに身近な人たちに対して忘れずに。 *毎日、ひとりのときでも、自分らしく生活を楽しむための工夫をする。そうすることで、素敵な暮らしのセンスが身についていく。(続きを読む
    1,221 Views
    yo-koさん
    yo-ko さん(2015/07/13 作成)
  • フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質
    *どうしたら姿勢がよく見えるかを研究して、その姿勢がしっくりくるまで、つねに自分の姿勢をチェックする。 *いろいろな香水を試して、自分らしい香りをひとつ選ぶか、気に入ったものをいくつか買ってみる。 *爪は磨いてやすりをかけるだけでも、きれいにマニキュアを塗ってもいいけれど、手入れを怠らないようにする。 *健康的な髪と魅力的なヘアスタイルで、女っぷりはすごく上がる。 *自信やユーモアのセンスや冒険心など、目に見えない女らしさがいちばん大切。そういうものを見失わないようにする。(続きを読む
    1,436 Views
    yo-koさん
    yo-ko さん(2015/07/13 作成)
  • フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質
    *自分自身や周りの人たちのために、毎日きちんとした装いをする。 *第一印象はとても重要だということを、くれぐれも忘れずに。 *だらしない格好をしないようにする。古い服や似合わない服は、処分するか手放す。 *家を出る前に、鏡の前で全身をチェックする。 *「もったいないから」といい服を着ないで取っておくのはやめる。思い立ったが吉日。さっそく今日、着てみる。 *自分のライフスタイルにふさわしく、自分で簡単にスタイリングできるヘアスタイルにする。 *身だしなみを整えるのは、必須のマナー。(続きを読む
    1,428 Views
    yo-koさん
    yo-ko さん(2015/07/13 作成)
  • キーワードで引用ノートを探す
    Copyright © 2019 Culturelife Inc. All Rights Reserved.