Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『社会・政治』関連の引用(抜き書き)読書ノートリスト

引用(抜き書き)『社会・政治』関連の読書ノートリスト

  • 全 73 件中 31 〜 40 件の引用ノートを表示
  • 並び替え: 新着順 / 人気順
  • 別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判
    【5 仕事のように続く犯罪】 弁護側とのやり取りで浮かび上がってきたのは,木嶋の驚くべき反社会性だった。 「上京した翌年の平成六年一月,東京家庭裁判所で審判を受け」,「窃盗,その他の罪名で保護観察の処分を受け」ている。「記録によれば,当時交際していた男性に指示され」,「知り合いの家から,預金通帳と印鑑を持ち出してしまった」という事件。被害額は「七,八百万ぐらい」になる。 このあとの弁護士の質問に木嶋は,窃盗を指示したのはミヤザキさんという四十代の男性で,初めて性交渉をしたのもこの男性だったという証言をしている。 この裁判ですっかり有名になった木嶋の「名器発言」は,このとき出たものである。木嶋がそんな臆面もない発言をしたとき,右陪席の女性裁判官が思わず顔を歪めた。彼女は東大卒のまだ二十八歳の判事補で,容姿においても木嶋とは対照的なほっそりとした美人である。 「う~ん,具体的にはテクニックというよりも,本来持っている機能が,ふつうの人より高いということをほめてくださる方が多かったですね」 木嶋が平成十四(2002)年二十六歳のとき,前述の福山定男が経営する千葉県松戸市内のリサイクルショップで働くまでの,木嶋の犯罪歴。 平成十一(1999)年一月 化粧品を万引きして目黒署に検挙。 平成十二(2000)年三月 本を万引きして(埼玉県)新座署に検挙。 平成十三(2001)年五月 銀行のATMで現金を窃盗して高島平署に検挙。 平成十五(2003)年三月 詐欺罪で逮捕(同年六月に懲役二年六月,執行猶予五年の判決)。 上記最後のネットオークションにからんだ詐欺事件について。「ここには木嶋の生来の虚言癖がはっきりと表れている」。「木嶋はまた悪い空想癖が働いて,安達学美という架空の女性に,罪をなすりつけている」。 木嶋はウソをつくことも,人をだますこともまったく悪いと思っていない。 寺田さんは不能だったので,アダルトグッズを持ち出してきた。これほど死者を冒涜した話は聞いたことがない。木嶋は他者との関係をカネとセックスでしか見ていない。 検察側の被告人尋問。 ――あなたは風俗に行くような男性は嫌いだと大出さんに言ったということですが,でもあなたは風俗で働いていた。 「風俗?」 ――愛人関係というのは,風俗じゃないんですか? 息づまる質疑応答のあと,検察官は声音を急に哀訴調に変えて,「我々はあなたを陥れようとか喧嘩しようとしているわけではないのは分かりますよね?この気持ちは伝わっていますか?」と言った。これに対して,木嶋はこう答えた。 「いいえ」 これまでの鈴を転がすような綺麗な響きとは打って変わって,地の底から響くような凄みのある声だった。 検察官の被告人質問の中で,木嶋が位置とだけ笑ったことがある。検察官が「なぜ,笑ったんですか,被告人?」と尋ねると,木嶋はこともなげに「あなたが常に恫喝的だからです」と言ってのけた。 ――私はそんなに恫喝的ですか? 「はい」 傍聴席から失笑が漏れた。この質疑応答に関しては,完全に木嶋の勝ちだった。木嶋はおそらく,この検察官の前歴を知っている。だからこそ,ふだんあまり使わない「恫喝的」という言葉が木嶋の口から出た。この検察官は京大の出身で,学生時代から「瞬間湯沸かし器のようなところがあった」(そう急性)という。その話を聞いて,検察官がこの法廷でエキセントリックな質問を乱発している理由がわかった。神戸地検の特別刑事部時代,大阪地検特捜部の証拠改竄事件で一審有罪判決を言い渡された大坪弘道被告に目をかけられ,大坪が大阪地検特捜部の部長に就任すると,大阪地検特捜部に異動となり,厚生労働省元局長の木村厚子が逮捕されるきっかけになった郵便不正事件を担当した。そしてこの事件の被告に対し,机をどんどん叩き,「懲役十五年にするぞ」「息子も逮捕するぞ」などと強迫的な取り調べをして問題となり,大阪地検特捜部からさいたま地検に左遷された。 (続きを読む
    2,700 Views
    masudakotaroさん
    masudakotaro さん(2013/09/08 作成)
  • 別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判
    【2 埼玉・大出嘉之殺害事件】 木嶋の犯罪は明らかに異常である。しかし,異常というなら,捜査の包囲網に囲まれていることを知りながら,多額のカネを提供して木嶋と同居した田中のふるまいも,常識では理解できない。 田中の話で驚いたのは,埼玉県警が最初田中の家宅捜索に入ったとき,押収していったのは,木嶋が持ってきた椅子だけだったという話だった。 「彼女の携帯電話とか,薬の錠剤なんかはまったく持っていかなかった」 ――錠剤?睡眠薬だったかもしれないじゃないですか。携帯電話には,殺人の有力な証拠が記録されていたかもしれない。 「ただ,見ただけで,生きている携帯電話も持っていかなかった」 ――とんでもないアホですね。なぜ,椅子だけは持っていったんですか? 「大出(嘉之)さんが(木嶋の家で)睡眠薬で倒れたときに失禁したらしいんです」 それにしても,携帯電話を持っていかなかったというのはひどい話である。この事件に関する警察捜査の杜撰さは,言語に絶する。(中略) ――木嶋が川越署に留置されているとき,接見はしましたか? 「いや,しないですよ。接見禁止でしたから」 ――手紙は来たことありますか? 「弁護士を通して来たことはあります。うちに戻りたいみたいなことが書いてありました」 ――うちというのは? 「ここに」 これにも驚いた。木嶋はこの家に戻って来て,すきを見て田中を殺そうとしたとしか考えられない。(中略) ――やっぱり人格障害じゃないですか,彼女は。 「自分をヒロインにしちゃって。公判で自分の性の自慢話をするなんて,ちょっとふつうじゃ考えられないですよ。自分の自叙伝でも書くつもりなのかって」 ――確かに公判での木嶋の話は,自分の自叙伝を語っている感じはしました。ウソ八百のね。 「だからそのウソが,だんだん自分の本当の姿になっていくみたいな。別の世界に行っているような」 短い期間とはいえ,さすがに木嶋と暮らした男だけのことはある。この見方は説得力があった。 木嶋は騙そうとする男の姉や母親などには極力会おうとしていない。男はだませても,女はだませないことを,木嶋はおそらく本能的に知っていた。 【3 東京・寺田隆夫殺害事件】 この裁判が人をぐったりさせるのは,木嶋の背徳性があまりにも常軌を逸しているからである。木嶋は人を冒涜することを何とも思っていない。というより,人を冒涜することが生きがいと感じているふしさえある。 この事件はこれまでのどんな事件とも異質である。そして木嶋はこれまでのどんな犯罪者と比べても異質である。譬えて言うなら犯罪者のレベルが違うのである。 「焼肉でも行っちゃう?」。これが寺田を殺した翌日のメールである。 木嶋は贅沢な生活を維持するために寺田に近づき,結婚話が現実味を帯び始めたとたん,飽きたおもちゃでも放り出すように,睡眠薬と練炭で静かに殺すのである。 メールではひどく饒舌だが,実際に会って会話すると無口になる。これが木嶋に接した人間が木嶋について語る共通の認識である。 この事件の特徴の一つは,相手が罠にかかるまで,木嶋がおそろしく周到な準備をしていることである。だが,カネをだまし取ると,木嶋の犯行は途端に杜撰になる。おそらく木嶋は,粘着質だが飽きっぽい性格の持ち主である。 練炭に関して言えば,木嶋は練炭を大量に買った理由として,豆を煮るためだった,煮豆は練炭を使って調理すると,ガスを使って調理するよりずっとおいしくなると,誰が聞いても「ふざけるな」と言ってぶん殴りたくなる答弁を繰り返している。 【4 千葉・安達健三殺害事件】 木嶋が関わったすべての事件の核心部分は,経済的に困窮していることを装った被告が,カネを得る目的で婚活サイトに登録し,多額のカネをだまし取った上,相手との関係を断つため練炭自殺を装って殺害したことである。 (続きを読む
    2,369 Views
    masudakotaroさん
    masudakotaro さん(2013/09/08 作成)
  • 別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判
    【2 埼玉・大出嘉之殺害事件】 この事件の最大の謎は,そして木嶋佳苗という女の一番の不可解さは,カネを搾取したことが発覚しそうになると,子どもが積み木でも崩すように,あるいはゲームに飽きた中学生がリセットボタンでも押すように,相手をいとも簡単に目の前から消していることである。 木嶋佳苗の殺意の“沸点”は異様に低い。 この日の木嶋の服装は黒のカーディガンに,緑色のインナー,下は薄いベージュのパンツだった。髪の毛は,二年半以上拘留されているとは思えないほど艶があり,毛先はきちんと巻かれている。(「埼玉事件」の第三回公判) この裁判がひどく疲れるのは,木嶋の話がほとんどウソで塗り固められているからである。 検察官が木嶋から佐藤に送ったメールをモニター画面に映し出したとき,木嶋佳苗は先天的なウソつきだということを確信した。 検察官によれば,木嶋はキウチワカコという名前で吉川桜に,つまり自分自身にメールを送っているという。 恋人という男にも自分の正体を明かさない。それどころか,「親しい友人」をネット世界の中に作りだして,自作自演までして恋人をほんろうする。そこに,木嶋佳苗という女の怪物性もあれば,凄絶なまでの孤独感もある。 付き合った男の勃起能力を高めるために精力剤をすりつぶしたのと同じ乳鉢で,金品を奪った男をこの世から抹殺するために睡眠薬をすりつぶす。 男性との同時並行交際と並ぶ木嶋佳苗のもう一つの習性は,「死人に口なし」を忠実に実践していることである。具合が悪いこと,自分に不都合なことはすべて死んだ人間にかぶせてしまえば,とりあえず辻褄は合う。 木嶋は最初のメールでは<男女のお付き合いですから,肉体関係の相性もあると思います。もし私の事を本気で結婚相手として考えてくださるなら,交際期間中も避妊しなくてもかまわないと思っています>と書いておきながら,板橋が木嶋の要求通りのカネを用立てられないと知るや,掌を返したようにこんなメールを送ってきた。<お金を立て替えてもらえないのであれば,私に対しての愛情や誠意がない証拠だと判断せざると得ません。今後のことは私も考え直します> 四十一歳にもなって母親からお泊りデートの前に下着から靴下まで取り揃えてもらうような過保護息子だから嫁の気手がないんじゃないか,だから木嶋佳苗のような女の毒牙にかかってしまったんじゃないか(後略)。 四十一歳にもなっていまだ親がかりの男の見本がいる。 一月二十日に公判で木嶋佳苗と久しぶりに再会したわけですね。そのときの率直な印象から聞かせてください。「俺は最初『違う人じゃないか』と思った。『二年半でここまで老いてしまうのか』とびっくりしたんだ。法廷で検察官に『被告人を知っていますか?』と聞かれて,『知りません』と答えたくなったほどだ。テレビではしきりに『ル・コルドン・ブルー』の卒業写真が流されているけど,実際本人に会った俺としては,あれは本当の佳苗さんじゃない。『なぜ,あんなブスでデブな女にだまされたんだ』。テレビを観た人は,みんなそう言うけど,俺にとって彼女はそれほど醜くなかった。少なくとも俺と会った二年半前はそうではなかった。俺が会ったのは彼女が三十四歳のとき。今では皮膚は垂れ下がり,顔も膨れてしまったが,当時はまだ可愛かったんだ」(神津辰巳の証人尋問) 「自分で努力するところがまったく見えなかったところだね。とにかく『援助してください』の一本槍なんだ。そんなおカネはないと言うと,『それなら,もう帰ります』と言って,スタスタ歩いて行っちゃった」(神津辰巳の証人尋問) (続きを読む
    2,827 Views
    masudakotaroさん
    masudakotaro さん(2013/09/08 作成)
  • 別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判
    【第一部 別海から来た女】 取材拒否の姿勢は全く変わらなかった。そんな頑なな態度とは逆に,淳子の声は依然と同様沈んではいなかった。それどころか,こちらの質問に,若者がよくやるような語尾を長くのばした答え方をし,ときには「ふふふ」という含み笑いまでした。淳子の態度には,娘が世間を騒がせて申し訳ないという母親の殊勝さは感じられなかった。むしろふてぶてしさのようなものすら感じて,たじろがされる思いだった。そして木嶋佳苗の特異な性格は,この母親から受け継いだものではないかという思いが,ふと胸の内をよぎった。 【第二部 百日裁判  1 初公判】 その女は白黒チェックのインナーの上に色鮮やかな水色のカーディガンを羽織り,下は黒のストッキングに,ベージュのスカートをはいていた。 木嶋は髪をボブヘアに整え,つけまつげをつけアイラインまで引いていた。それなりの容貌ならいま流行りの“美魔女”にも見えるヘアスタイルと化粧だが,木嶋の御面相はどうひいき目に見ても十人並み以下だった。年齢も実際の三十七歳より老けて見える。 どこにでもいそうなおばさんに不釣り合いな化粧をほどこした顔には,昭和の香りが濃厚に漂っていた。 司法担当の新聞記者から漏れ聞こえてくるのは,こんな噂だけだった。「木嶋佳苗は取り調べに一言も応じていない。そのくせ,出された弁当は全部ぺろりと平らげているそうです」 薄化粧をして周囲を時々睨め回す木嶋佳苗の態度には,傍聴席を観客席と見立てて芝居をする演劇女優のように,法廷の空気を楽しんでいる余裕さえ感じられた。 裁判長「名前は」 被告「木嶋佳苗です」 三人の男を殺したとは思えないきれいな声だった。 裁判長「この件についてはどうですか」 「木嶋」私は寺田さんを殺していません」 鈴を転がすような美声でそう言われると,却って不気味な迫力があった。木嶋はその後の答弁でも,「お料理」「お食事」といった丁寧語を使った。通帳を銀行員しか使わない「お通帳」と言ったのには驚いた。それらの言葉遣いが板についているところも意外だった。 木嶋佳苗は生まれついての犯罪者の素質を持った女。(小学校時代に貯金通帳を盗んだという木嶋正英<=佳苗の祖父>の証言による) 木嶋佳苗は生まれついての犯罪者ではないか。 木嶋佳苗が絡んだ事件は起訴されただけでも殺人三件,詐欺その他七件,計十件あり,立証すべき事実も多岐にわたっている。 木嶋は別海高校を卒業後,上京して東洋大学経営学部(二部)に入学したが,一回も授業に出ずに除籍となっている。また,様々な職業に就いたというのは“自己申告”に過ぎず,仕事らしい仕事に就いた経験はない。ケンタッキー・フライド・チキンで働いたことはあるが,これも短期間で辞めている。 木嶋は午前中の水色のカーディガン姿から一変,濃紺のジャケットに純白のインナーという衣装に“お色直し”してきた。インターは午前のチェック柄より,明らかに胸を大きく露出させていた。唇にもリップグロスが塗られている。 (続きを読む
    2,456 Views
    masudakotaroさん
    masudakotaro さん(2013/09/08 作成)
  • 別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判
    【第一部 別海から来た女】 都会ならいざ知らず,牛の数が人間よりずっと多い酪農地帯にあって,司法書士という職業は,都会における弁護士よりずっと尊敬されただろう。木嶋佳苗はいわば,別海町のエリートとして育ったのである。 好きな言葉 一期一会・病は気から 嫌いなタイプ 不潔・貧乏・バカ 高校の卒業アルバムに載っている,同級生からとった様々なアンケートの集計結果:木嶋佳苗は「出世しそうな人」で三位,「大ざっぱだった人」「早く結婚しそうな人」「国際結婚しそうな人」「一番変わりそうな人」で二位,「玉の輿にのりそうな人で一位(いずれも女性中)となっている。(中略)佳苗は「早く離婚しそうな人」で三位,「不倫しそうな人」で二位,「子だくさんになりそうな人」と「アダルトビデオに出そうな人」では,堂々の一位となっている。 見た目は地味なデブなんだけど,本当は上品なお嬢さん。しかもカネも持っている。僕らは普通に子どもっぽかったけど,彼女は大人びていた。キジカナは高校生でありながら,すでに大人の世界にいたのかもしれません。(クラスメイトの証言) 真面目で上品なタイプでしたね。あれで美人だったら,相当にモテていたでしょうね。何かのことで僕が木嶋をバカにしたら,「あなたみたいな子どもっぽい人は相手にしないの」と言われたことがあります。(クラスメイトの証言) 死刑判決が出た直後に公開された木嶋佳苗の手記について: ■四百字詰め原稿用紙にして約三十枚にも及ぶこの手記を読んで,私の胸に迫ってきた言葉は一つもない。 ■木嶋の手記を一言で評すれば,これはすべてどこかで聞いたことのある文章の切り貼り,パソコン用語でいえばコピペ(コピー&ペースト)である。いくら読んでも,木嶋が何のためにこの手記を書いたかわからない。 ■自分が犯した罪に対する謝罪が一言もないことや,逆に何の罪も犯していないとするなら,その無実の者に死刑判決を出したことへの満腔の怒りもない。 ■中身は何もないのに,文字を書くことだけは恐ろしく丁寧で,そこに向かって全精力が注がれている。これは異常な集中力の産物とも言えるし,外箱だけ華美だが,中は空っぽな宝石箱と同じで,木嶋の空疎な人間性を象徴しているとも言える。 ■木嶋にはたぶん大きな欠損がある。もっと言うなら,木嶋は本人も気づかない深いところで,人間が壊れている。 「屈折した価値観を引きずったまま大人になり,自由奔放で浮世離れした暮らしがエスカレートし,ファンタジーの世界で生きることに逃避したのです」 佳苗の曽祖父も,祖父も,郷土の名士というにふさわしい非の打ちどころのない人物のようである。 木嶋は小学校時代に,母親が音楽を習っていたお宅から貯金通帳を盗んだ。 木嶋は多分生得的なサイコパス(反社会性人格障害)的人間である。 「佳苗は小さい頃,その家から通帳を盗んだらしいの。近所の人はみんな知っていたみたいよ。通帳には五百万円くらいあったって話よ」(飲み屋の女将の話) 佳苗は北海道の開拓村の生まれなどということはおくびにも出さず,父親は大学教授,私はフェリス女学院卒で皇太子妃雅子さまとは遠戚などとネットを通じて近づいた男たちに語っている。いずれも根も葉もないウソである。 息子は私らの姿を見つけるや,「なんでここに来るんだ!帰れ!お前らに話すことなんてない」と喚きながら,猛然と取材スタッフにつかみかかってきた。息子はそのあとも支離滅裂な言葉を弾丸のようにまくしたてた。「おまえらマスコミのせいで,母親は胃潰瘍になっちまったんだぞ!一年以内に母親は死ぬぞ!おまえらのせいだからな!店の売り上げも激減して生活もできねえんだからな!」母親も昂奮して,「あんたらのせいでこんな体になっちゃったんだ!ガンだって再発するかもしれないんだから!」などと口走り,最後はとうとう地べたに寝転がってしまった。(福山定男の息子と母親。福山=02年に木嶋佳苗とネットを通じて知り合い,不審死を遂げる07年8月まで,計約七千四百万円という大金を佳苗の銀行口座に振り込んでいた。) 自分で放火しておきながら,翌日,口を拭って息子に父親の安否を尋ねる。木嶋がこの事件の犯人ならば,そういう筋書きになる。 木嶋佳苗は上京後,日本ケンタッキー・フライド・チキンに入社し,その後,東洋大学経営学部に入学したが,学費未納で除籍処分となった。 (続きを読む
    2,399 Views
    masudakotaroさん
    masudakotaro さん(2013/09/08 作成)
  • 検証 日韓会談 (岩波新書)
    p19「講和会議に、韓国は招請されなかった」「反対理由は『韓国はされる国であって戦争状態になかった』『100万人の在日朝鮮人が連合国人として補償を受ける権利を取得することは不都合』」(続きを読む
    2,862 Views
    midnightwakeuperさん
    midnightwakeuper さん(2013/09/04 作成)
  • 裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)
    今、ちょうどよく桜が咲いています。これから先どうなるかわかりませんが、せめて今日一晩ぐらいは平穏な気持ちで桜を楽しまれてはいかがですか。(続きを読む
    2,729 Views
    JAZZ_MANさん
    JAZZ_MAN さん(2013/07/28 作成)
  • TPPと日本の論点 (農文協ブックレット)
    TPPと日本の論点では、 中野剛志「誠実な経済学者であるならば、TPPに反対しなければならない」(22頁~) ・TPPは、アメリカによる近隣窮乏化政策を首尾良くすすめるための格好の装置 しかし、本サイトではまだ検索されなかった、 『アベノミクスと日本の論点』の方でより、現実的な話が目白押しである。 鈴木宣弘「国益を損なうことが証明されたTPP日米事前協議」(71頁~) ・米韓FTA: 2年前に米国は日本に内容を見るよう知らせていたのに、政府(民主党)は国民に知らせるな、と緘口令・・・酷いな 広井良典「脱成長のコミュニティ経済論」(88頁~) ・コミュニティ経済の特質: ①  経済の域内循環 ②  生産のコミュニティと生活のコミュニティの再融合 ③  相互扶助的性格の再評価 ④  有限性の中での生産性の再定義 福士正博「地域活性化の指標-『地域内乗数効果』」(98頁~) ・NEF(英国市民団体)によるLME: 灌漑と、漏れ口を塞ぐ 小田切徳美「脱成長の農山漁村再生」(123頁~) ・図(130頁)は極めて重要: 地域づくり枠組みの提供 田代洋一「アンチ・アベノミクスの地域経済学」 ・地域マーケティング事例: 南信州中山間地域、JA南信州 (続きを読む
    2,737 Views
    chino6jiさん
    chino6ji さん(2013/06/29 作成)
  • 池上彰のメディア・リテラシー入門
    テレビ・新聞・インターネットにだまされない!あふれる情報から「真実」を読み取る技術を身につけろ(続きを読む
    2,940 Views
    Tatsuyaさん
    Tatsuya さん(2013/06/26 作成)
  • キーワードで引用ノートを探す
    Copyright © 2024 Culturelife Inc. All Rights Reserved.