Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託…』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門』の読書ノート作成者:yo-ko さん

234 Views
作成
→投資信託の中身は「どこ」の「何に」投資するかで決まる
⚫投資する地域はどこ?→国内、海外、内外
⚫何に投資する?→株式、債権、不動産、その他、資産複合
→投資信託の儲けは「売却益(キャピタルゲイン)」と「分配金(インカムゲイン)」で決まる
⚫投資したお金がふえているかどうかは、買ったときよりも基準価額が上がっているか、そして分配金の金額の両方を合わせた「トータルリターン」でみる必要がある
→儲かっているかは「騰落率」と「トータルリターン」でみる
⚫短期ではなく、長期的に安定して成績をあげているかどうかが大切
→投資信託の価格が上がったり下がったりする原因は?
⚫価格変動、金利変動、為替変動、信用、カントリー、流動性、派生商品(デリバティブ)リスク
→「分配金」は「預金の利息」とは違う
⚫分配金は必ずしも収益から支払われるとは限らない
⚫分配金の一部、または全部が投資した資金(元本)から払い戻される場合がある
⚫分配金は運用資産(純資産総額)から払い出されるので、分配金を支払えば運用資産はその分減り、基準価額もその分下がる
⚫分配金を出す投信を購入する必要はない
→運用管理費用(信託報酬)はわずかな差でも運用への影響大!
→購入時手数料はできるだけ安いところで買え
→インデックスファンドは「安い手数料」で「分散投資」「わかりやすい」
→同じ系列の投信に投資、効率的に運用する「ファミリーファンド方式」
→少額でも究極の分散ができる「ファンド・オブ・ファンズ」
⚫複数の投信に投資することで、分散を図る
⚫運用管理費用が非常に割高な商品も多い
→「目論見書」で投信のアウトラインを確認する
⚫「商品分類」と「属性区分」の表をみる
→お金をふやすなら、「3つの戦略」が欠かせない
⚫「長期」「分散」「低コスト」
→国内外の株と債券、4つの資産に分散投資する
⚫日本株式と外国株式(先進国、新興国)、外国債券(先進国)に幅広く投資するインデックスファンドを組み合わせる。日本債券はMMFか個人向け国債でOK
→おすすめのインデックスファンド
⚫手数料が安いか
⚫純資産総額が順調にふえているか
⚫目標とする指数とぴったりの動きをしているか
→ビジネスパーソンにはコツコツ「積み立て」がおすすめ
→投信購入後は、定期的なメンテナンスが大事
⚫比率の上がったものを売り、減ったものを購入
⚫比率の上がったものよりも、減ったものを多めに購入
→投信はいつ解約したらいいの?
⚫「使う時期」がきたとき
⚫リバランスのとき
⚫投信の中身が変わったとき
さん
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2018 Culturelife Inc. All Rights Reserved.