Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『レトリックのすすめ』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)レトリックのすすめ』の読書ノート作成者: さん

3,030 Views
作成
P37 喩える
岡本かの子「金魚撩乱」より
撩乱として白砂よりもより膜性の、幾十筋の皺がなよなよと縺れつ縺れつゆらめき出た。
ゆらめき離れてはまた開く。大きさは両手の親指と人差し指で大幅に一囲みして形容する白牡丹ほどもあろうか。
それが一つの金魚であった。その白牡丹のような白砂の鰭には更に菫、丹、藤、薄青等の色斑があり、
更に墨色古金色等の斑点も交じって万華鏡のような絢爛、波瀾を重畳させつつ嬌艶に豪華に
また淑々として上品に内気にあどけなくもゆらぎ拡ごり拡ごりゆらぎ、更にまたゆらぎ拡ごり、
どこか無限の遠方からその生を操られるような神秘な動き方をするのであった。
さん
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2024 Culturelife Inc. All Rights Reserved.