Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新…』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)』の読書ノート作成者:kasuta さん

2,240 Views
作成
 愛とは「その人といるときの自分の分人が好き」という状態のことである。つまり、他者を経由した自己肯定の状態である。
 なぜ人は、ある人とは長く一緒にいたいと願い、別の人とはあまり会いたくないと思うのだろう。相手が好きだったり、嫌いだったりするからか?それもあるだろう。しかし、実際はその相手といるときの自分(=分人)が好きか、嫌いか、ということが大きい。(P136)

 愛とは相手の存在が自分を愛させてくれることだ。そして同時にあなたの存在によって、相手が自らを愛せるようになることだ。(P138)
MEMO:
 分人主義的恋愛観。愛とは「その人と一緒にいるときの自分の分人が好き」という状態であり、それは一つの自己愛の姿。納得。
さん
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2024 Culturelife Inc. All Rights Reserved.