Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『イチロー 262のメッセージ』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)イチロー 262のメッセージ』の読書ノート作成者:masudakotaro さん

1,499 Views
作成
夢をつかむことというのは、一気にはできません。小さなことを積み重ねることで、いつの日か、信じられないような力を出せるようになっていきます。

何かをしようとした時、失敗を恐れないで、やってください。失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。必ず、将来の役に立つと思います。

考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになります。

ムダなことを考えて、ムダなことをしないと、伸びません。

過去の積み重ねがどれだけ大事なものかは、感じています。それがなければ、今の技術や精神は作られなかったのですから。

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道。

自分たちを客観的に見てやるべきことをやります。それは、どんな時にも変わらないものなのです。

ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず身体と心の準備はしています。自分にとって一番大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。

今日は、ムダがないというだけです。早く明日になってほしいと思います。こういう結果の時に余韻に浸ったりするとロクなことがありません。

準備することに集中することができました。それがすべてだと思います。

やらされる練習じゃなければ、いろんなことが、上手くまわってきます。

「できなくてもしょうがない」は、終わってから思うことであって、途中にそれを思ったら、絶対に達成できません。

グラウンドの上では、自分の築きあげてきた技術に対する自信、今までやってきたことに対する自信、「やりたい」と思う強い気持ちが支えになります。

今は、自分が分からないことに遭遇する時や、知らないことに出会った時に、「お、自分はまだまだいける」と思います。

思うようにいかない時に、どう仕事をこなすかが大事です。

メンタルな部分が及ぼす肉体への影響は、とてつもなく大きいと感じました。

苦しいことの先に、新しい何かが見つかると信じています。

やっている最中にプレッシャーから解き放たれることは不可能です。そこから逃げ出す方法はない。苦しみを背負ってプレイするしかありません。

ヒットが出ない試合が続いていて、次の試合の1打席目でもヒットが出ないと、今日もダメかと思ってしまう人が多いと思います。でもそこが大事。きっかけをつかむために、次の打席も集中する自分でないと、まずいですね。

練習で100%自分を作らないと、打席に立つことはできません。自分の「形」を見つけていないと、どん底まで落とされます。

モチベーションは、野球が好きだということです。

これ以上やっても抜きん出ることはできません。だから勉強を捨てました。

結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは、野球選手としてではなく、人間を作るために必要です。

成功する、成功しない、という報道になると思いますが、成功とはとても曖昧なものです。他人が思う成功を追いかける必要はありません。

これでいいやってならない理由は、僕の場合は、野球が好きだからです。

嫌いなことをやれと言われてやれる能力は、後で必ず生きてきます。

考えて「実行して見せてやること」の効果は大きいです。
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2019 Culturelife Inc. All Rights Reserved.