Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『スティーブ・ジョブズ II』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)スティーブ・ジョブズ II』の読書ノート作成者:masudakotaro さん

1,674 Views
作成
 クレージーな人たちがいる。反逆者,厄介者と呼ばれる人たち。四角い穴に丸い杭を打ち込むように,物事をまるで違う目で見る人たち。彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。彼らの言葉に心を打たれる人がいる。反対する人も,称賛する人もけなす人もいる。しかし,彼らを無視することは誰にもできない。なぜなら,彼らな物事を変えたからだ。彼らは人間を前進させた。彼らはクレージーと言われるが,私たちは天才だと思う。自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが,本当に世界を変えているのだから。(think differentのcm)
 ジョブズの得意技に「集中」がある。「なにをしないか決めるのは,なにをするのか決めるのと同じくらい大事だ。会社についてもそうだし,製品についてもそうだ。」
 マーカーを手にするとホワイトボードのところへゆき,大きく「田」の字を描く。「我々が必要とするのはこれだけだ」そう言いながら,升目の上には「消費者」「プロ」,左側には「デスクトップ」「ポータブル」と書き込む。各分野にひとつずつ,合計4種類のすごい製品を作れ,それが君たちの仕事だとジョブズは宣言した。
 アップルを救ったのは,彼らの「絞り込む力」だった。アップルに復帰した最初の年,ジョブズは3000人以上を解雇し,バランスシートの改善を図った。ジョブズが暫定CEOとなった9月に終わった1997会計年度,アップルは10億4000万ドルの赤字だった。ジョブズによると,あと90日で倒産という,まさに瀬戸際だったらしい。(中略)丸2年の赤字から,四半期で4500万ドルという黒字に転換したのだ。1998会計年度通期では,3億900万ドルの黒字だった。ジョブズが復活し,アップルも復活したのだ。
 「もっとがんばるようにしむけてくれた結果,本番の出来が格段に良くなりましたから。たぶんこれが,アップルに対するスティーブ・ジョブズの影響で一番大事なことではないかと思います。彼は,自分に対しても他人に対しても,卓越といえるレベルでなければがまんできないのです。」
 「正しくやれるチャンスは1回しかないんだ。」最終的に正しくやれたことも,どこかで巻き戻しボタンを押さなければならなかった――ジョブズは好んで語るストーリーをこのときも語った。完璧ではないと気づいたモノはやり直さなければならない。(中略)「よくない部分があったとき,それを無視し,あとで直せばいいというのではダメだ。そんなのはほかの会社がすることだ。」
 「技術が進歩してなにかが新しくできるようになると,それを使ってみたくてたまらない人なのです。」
 「ユーザーインターフェースに問題があって可能なかぎりの方法を試したと思っていると,『こういう方法は考えたか?』とたずねられたりするんですよ。みんな,『うわー,その手があったか』って感じで。彼は問題自体やアプローチを全く違う視点から見て問題を解決してしまうんです。」
 「僕は,年を取るほど,モチベーションが大事だと思うようになった。ズーンがお粗末なのは,マイクロソフトの人たちがアップルと違って音楽や芸術を本当に愛していないからだ。アップルが勝ったのは,僕ら一人ひとりが音楽を大好きだったから。みんな,iPodを自分のために作ったんだ。自分のため,あるいは自分の友だちや家族のために努力するなら,適当をかましたりしない。大好きじゃなければ,もう少しだけがんばるなんてできない。もう1週間とがんばれやしない。音楽を大好きな人と同じだけ,現状をなんとかしようと努力なんてできないんだ。」
 デジタル世界の住人であるにもかかわらず,あるいは,デジタル世界では人々を分断する力が強く働くとよく知っているからこそ,ジョブズは顔をつき合わせた話し合いを重視する。「ネットワーク時代になり,電子メールやiChatでアイデアが生み出されると思われがちだ。そんなばかな話はない。創造性は何気ない会話から,行きあたりばったりの議論から生まれる。たまたま出会った人になにろしているのいかたずね,うわ,それはすごいと思えば,いろいろなアイデアが湧いてくるのさ。」
 「自分の意見を言わなければばっさいやられると早い段階で気づきました。議論を活発にするためスティーブはわざと反対意見を言うのです。そのほうがいい結果が出ることもありますからね。つまり,反対できない人は生き残れないのです。」
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2021 Culturelife Inc. All Rights Reserved.