Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『桜の首飾り』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)桜の首飾り』の読書ノート作成者:marie1127 さん

1,567 Views
作成
噓の名前で呼ぶと彼女は喜んだ。男が言った通りだ。きっと、彼女には何も信じるものがなかったのだ。少女のように無邪気で澄んだ声で笑いながらも、時々半ば捨て鉢に生きている風に見える時があった。
MEMO:
『花荒れ』p.139-140
さん
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2019 Culturelife Inc. All Rights Reserved.