Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)』の読書ノート作成者: さん

2,211 Views
作成
ネタバレ注意!
安寿はそこに立って、南の方をじっと見ている。目は、石浦を経て由良の港に注ぐ大雲川の上流をたどって、一里ばかり隔った川向いに、こんもりと茂った木立ちの中から、塔の尖さきの見える中山に止まった。そして「厨子王や」と弟を呼びかけた。「わたしが久しい前から考えごとをしていて、お前ともいつものように話をしないのを、変だと思っていたでしょうね。もうきょうは柴なんぞは苅らなくてもいいから、わたしの言うことをよくお聞き。小萩は伊勢から売られて来たので、故郷からこの土地までの道を、わたしに話して聞かせたがね、あの中山を越して往けば、都がもう近いのだよ。筑紫へ往くのはむずかしいし、引き返して佐渡へ渡るのも、たやすいことではないけれど、都へはきっと往かれます。お母あさまとご一しょに岩代を出てから、わたしどもは恐ろしい人にばかり出逢ったが、人の運が開けるものなら、よい人に出逢わぬにも限りません。お前はこれから思いきって、この土地を逃げ延びて、どうぞ都へ登っておくれ。神仏かみほとけのお導きで、よい人にさえ出逢ったら、筑紫へお下りになったお父うさまのお身の上も知れよう。佐渡へお母あさまのお迎えに往くことも出来よう。籠や鎌は棄てておいて、子かれいけだけ持って往くのだよ」
 厨子王は黙って聞いていたが、涙が頬ほおを伝って流れて来た。「そして、姉えさん、あなたはどうしようというのです」
「わたしのことは構わないで、お前一人ですることを、わたしと一しょにするつもりでしておくれ。お父うさまにもお目にかかり、お母あさまをも島からお連れ申した上で、わたしをたすけに来ておくれ」
「でもわたしがいなくなったら、あなたをひどい目に逢わせましょう」厨子王が心には烙印やきいんをせられた、恐ろしい夢が浮ぶ。
「それはいじめるかも知れないがね、わたしは我慢して見せます。金で買った婢はしためをあの人たちは殺しはしません。多分お前がいなくなったら、わたしを二人前働かせようとするでしょう。お前の教えてくれた木立ちの所で、わたしは柴をたくさん苅ります。六荷までは苅れないでも、四荷でも五荷でも苅りましょう。さあ、あそこまで降りて行って、籠や鎌をあそこに置いて、お前を麓へ送って上げよう」こう言って安寿は先に立って降りて行く。
 厨子王はなんとも思い定めかねて、ぼんやりしてついて降りる。姉は今年十五になり、弟は十三になっているが、女は早くおとなびて、その上物に憑つかれたように、聡さとく賢さかしくなっているので、厨子王は姉の詞にそむくことが出来ぬのである。
 木立ちの所まで降りて、二人は籠と鎌とを落ち葉の上に置いた。姉は守本尊を取り出して、それを弟の手に渡した。「これは大事なお守だが、こんど逢うまでお前に預けます。この地蔵様をわたしだと思って、護り刀と一しょにして、大事に持っていておくれ」
「でも姉えさんにお守がなくては」
「いいえ。わたしよりはあぶない目に逢うお前にお守を預けます。晩にお前が帰らないと、きっと討手うってがかかります。お前がいくら急いでも、あたり前に逃げて行っては、追いつかれるにきまっています。さっき見た川の上手かみてを和江わえという所まで往って、首尾よく人に見つけられずに、向う河岸へ越してしまえば、中山までもう近い。そこへ往ったら、あの塔の見えていたお寺にはいって隠しておもらい。しばらくあそこに隠れていて、討手が帰って来たあとで、寺を逃げておいで」
「でもお寺の坊さんが隠しておいてくれるでしょうか」
「さあ、それが運験うんだめしだよ。開ける運なら坊さんがお前を隠してくれましょう」
「そうですね。姉えさんのきょうおっしゃることは、まるで神様か仏様がおっしゃるようです。わたしは考えをきめました。なんでも姉えさんのおっしゃる通りにします」
「おう、よく聴いておくれだ。坊さんはよい人で、きっとお前を隠してくれます」
MEMO:
「運命への追随」と「犠牲の意味」を問う名作である。これほど波乱万丈の境遇におかれた安寿と厨子王に、作家はあえて「怨念」や「復讐心」を付与しない。微笑の人、鴎外自身の境地にも重なるのであろう。ある程度史実にそって、夢の話、騙りの話、海幸彦・山幸彦の神話、これらのプロットやモチーフをモンタージュのようにして拵えた作品ではないだろうか。
 たとえば、山椒大夫に捕えられ、そのまま奴隷として働かされる安寿と厨子王が、その辛い境遇の中で奇しくも同じ夢を見る場面がある。安寿の頬に焼印をつけられる凄惨な夢である。しかし、その描写はカラー映像でも見るかのように具体的で生々しい。おそらく、鴎外が実際に見た夢に由来するのではないか。私見では、日露戦争に従軍医として赴いた時に見た夢ではないだろうか。また、苦戦を強いられた日露戦争戦場の凄まじい従軍環境の下、限界状況にあったであろう軍人たちが、偶然に同じような強迫せられるような恐ろしい夢を見ることはほぼ必然的にありうることだろう。さらに付け加えて言うならば、この夢の話の挿入は、漱石の「夢十夜」を意識して書かれたものではないだろうか。何か描写の仕方が似ているように感じる。
 このようにして、鴎外得意の歴史小説だけあって、この物語の中で場面場面が、実際にあったことのように巧みに描かれている。それにしても、タイトルが「厨子王」ではなくて、「山椒大夫」なのはなぜだろう。
さん
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2021 Culturelife Inc. All Rights Reserved.