Paragrase “パラグレーズ” ロゴ

『放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)』からの引用(抜き書き)読書ノート

引用(抜き書き)放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)』の読書ノート作成者:chama42 さん

1,249 Views
作成
ネタバレ注意!
p.42:人は自然被ばくより少々多く被ばくし、DNAが切断されても修復能力によって対処できます。しかし、大量の被ばくになると「同時多発的」にDNAが切断されるため、修復が間に合わなくなり、細胞は死にはじめます。
 つまり放射線を受けたか受けないかではなく、一度に受けた量によって人体への影響が決まってくるのです。ですから、年間1.5ミリシーベルトの被ばくを80年にわたって受けつづけると、合計被ばく量は120ミリシーベルトになります。また、原発作業者のみなさんは、数日間で120ミリシーベルトという環境に置かれてきました。同じ120ミリという数字が身体へ与える影響は、大きく異なるのです。
さん
この読書ノートをお気に入りに追加する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この読書ノートを読んだ人によく読まれている読書ノート

キーワードで引用ノートを探す
Copyright © 2019 Culturelife Inc. All Rights Reserved.